2012年06月22日

新潟に来ています・・・

  新潟から、ブログを更新しています。昨日は、大雨[E:rain] 子どもたちにとって、雨もお友達なので、大喜びでした。クッキングメニューは、ラーメン[E:noodle] これも、子どもたちにとってお友達みたいなものです。熱々のラーメンをいただくことは、本当に至福の時です。ラーメンができるまで、大きな子どもたちは、スープのにおいを嗅ぎながら、パズルコーナーに熱中しました。砂場では、小さなお友達が、砂場を独占[E:sign03] 職員と一緒に巨大砂風呂を作り、満足そうでした[E:spa]     20日の朝、新潟の職場でお世話になった先生が亡くなったと連絡が入りました。まだ50代です・・・奥様も、職場の先輩で、机を並べていた私です。お子さん3人も、保育園の時から知っています。新潟に帰省する度に、お会いして仕事の話やお酒を飲んでいたという、本当に懇意にしていた先生だったのです。てんとうむしの職員が、行って来て下さいと後押ししてくれて平日に、新潟に向かいました。障害をもっている人も、自立を~就労を~と、パワフルに活動されていた先生だったので、私がてんとうむし幼児園を作る時、本当に本当に喜んで下さっていました。数年前に、体調を崩したのですが、仕事と闘病とどちらにも一生懸命でした。「一緒に、斎場へ行って下さい。お骨も拾って」と、ご家族の方に言っていただき、そうさせてもらいました。曲がったことや、不正や差別が大嫌いな先生でしたが、「いつか、年をとったらお互いの秘密を暴露し合おう!」と、二ヤリと笑う茶目っけのある先生でもありました。ご家族と一緒に、お骨を拾いながら、いろんなことを感じてきました。この先生から教わった、誠実にコツコツとそして、一生懸命に分け隔てなく~という姿勢の大切を改めて思いました。千と千尋の・・・の中に『ゼロになる体』という、一文があります。そこから、教わることは尊いものだと心から思いました。京都に帰って、一生懸命にやっていこうと思います。 



posted by おけい at 18:04| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。