2011年06月19日

朝から、ショック・・・

 いつものように、朝の6時前から犬の散歩に出かけました。雨上がりの朝は、瑞々しく、いい感じです。ところが、ところがです・・・歩道に面した園の花壇に今日明日には咲くだろうと、みんなが楽しみにしているアガパンサスの花があります。そのつぼみ(半分以上咲きかけていた)が2つ、折られていたのです・・・一つは、歩道に捨てられていました・・・悲しくて、悲しくて・・・その一つは、魚たちがいるスイレン鉢に入れました。もう一つは、どこかで優しくしてもらっていると良いのですが・・・地域の方たちに「お花がたくさん咲きますね。子どもたちが、育てたお花ですね」と声をかけていただいている、お花です。数年前、桃園小学校の子どもたちが「かぼちゃの花の写真を撮らせて下さい。授業で使いたいと思います」と、園を訪ねて来てくれています。
 先日の懇談会の中で、想像するということ・夢を持つこと~についても話をしました。犬と歩きながら、いろいろ考えました。『お花を取らないでください』ではなく、『お花が、もうすぐ咲きそうです。』とか『お花が咲きたがっています』と、手紙を添えようかな・・・と思っています。そして、悲しいけれど、アガパンサスのお花は奥の方へ引っ越しました。植木鉢は、重いので引きずるしかありませんでした。たくさんのお花の芽とクローバーを踏んでしまいました。「ごめんね・・・」
 明日、てんとうむしの子どもたちにも、お話ししようと思います。



posted by おけい at 09:52| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。