2008年04月20日

スプリングコンサートに行ってきました

5xierya1  大住中学校から、毎年、コンサートの案内が届きます。ゲスト出演の桃園小学校のジュニアバンドの演奏も楽しみです。そして、OBとの合同演奏は圧巻です。卒園児や、その兄弟・叔父さんも出演しています。あの小さかった女の子が立派にトロンボーンを演奏している姿や、あの子も、この子も・・・と大きくなった姿に目頭が熱くなりました。きっと、年のせいですね。一生懸命に打ち込む姿は、なんとも尊いものです。朝、『題名のない音楽会』の中で指揮者の佐渡 裕さんがおっしゃっていました。「オーケストラって、相手の音に耳を傾けながら、そして自己主張もしていく。社会というか、哲学のようなものだね」と、真剣に少年・少女たちに語っていました。仕事が、いっぱいあったけれど行ってよかったです[E:smile]


posted by おけい at 18:41| 園長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。