2008年02月18日

魚屋さん(カネシゲさん)がやって来た!

Lk6bv8ih  年に1度のブリ解体の日でした[E:fish]カネシゲさんがお店の休みの日に、てんとうむしにやって来てくださり、子どもたちの前で包丁さばきを見せて下さいます[E:smile]子どもたちに、ブリの体の説明をして下さったり、子どもたちの質問に丁寧に答えて下さったりと、実に楽しい時間が過ぎていきます。保護者(卒園児の保護者もです!)も、ブリの注文をしてブリの美味しさに舌鼓を打たれます[E:fish]目の前で、魚がさばかれる様子を真剣に見る子どもたち。みんな、目をまんまるくしていました。食事をするということは、命をいただくということです。魚は、切り身ではなくもともとは、こんな形をしてる・・・など等、いろんなことを教えていただきました。


posted by おけい at 21:10| 園長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。