2007年08月18日

うれしい悲鳴と、痛い腰・・・

 昨日、カフェに出勤しました。「園長先生、いつカフェにいてますか?」と、休み前に聞いて下さった保護者や「来ました[E:smile]」と、ニコニコ笑いながらきて下さった保護者や、「ウ〜っ[E:sign01]マンゴ〜[E:note]」と、お気に入りのデザートメニューを注文してくれる子ども等など、楽しいひと時でした。また、暑い中、わざわざ来てくださる常連さんや草刈りの仕事の方々などで大賑わいのカフェでした。昨夜は、前の職場の同僚と上司とで久々に会い、たくさん飲んでおしゃべりしました。人との出会いとつながりのありがたさを感じた日でもありました。でも、この時、すでに腰に異変が・・・そして、今日、カフェの開店準備を済ませてから馴染み(?)の病院へ・・・16日の午後、仕事に必要な物を取ろうと手を伸ばした時に、嫌な感じがしたこととベッドから起き上がれないなどと説明をしました。診察して下さったDrが一言「間違いありません。ギックリ腰です」エッ、今、何て!?[E:shock]詳しい説明を受け(ギックリ腰のイメージが変わりました)、治療法もお聞きしてカフェに戻りました。すると、またまた可愛いお客様が[E:smile]「園長先生、赤ちゃん、出てきました」と、まず、お兄ちゃんになった報告を受けました。皆さんが、腰の心配をしてくださったり、初めての方がお料理を「おいしいな、これ」と言って下さったりと、自分が弱った時に助けて下さるのはやっぱり“人”だなぁと思いました。帰ったら、娘が家中の掃除をしてくれていました。よ〜し、頑張るぞとファイトが沸いてきました[E:heart]


posted by おけい at 17:51| 園長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。